「ほっ」と。キャンペーン

パワーの物語は、力強いストーリーをブログでお届けします


by powerstory

<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

私はコミュニケ―ションが人とうまく取れなくて良く失敗してしまいます。

それは育った家庭環境ではないかと思います。ろくに挨拶なども教えてっもらったことない私は人を見てこういう時はこういうのだと覚えていきました。もちろん親に教わることなく友達を見て教わりました。我が家は両親がとても仲が悪く私は生まれるはずじゃなかったようなんです。なので親から何かしてもらったってミルクもらってたくらいじゃないですかね?オムツ替えはお兄ちゃんの仕事だったようなので。そんな中で兄も私も一般常識というのは友人を通して教わってました。

くだらない親の元に生まれたんです。仕方ありませんよね。

子供は親を選べない。そのおかげで人間関係の作り方がわからない。上の方にはどういう風に接したらいいのかなどは学校で先輩たちに教わりました。先輩たちはあいさつ、規律に厳しくていやだと思っている人もいると思いますが私には色々教えてくれて素敵な先輩でした。そこからが普通の人間として扱われるようになりました。

仲良くなった同級生は両親がどこかへいてしまった子もいました。それに比べればいるだけいいか。などと思いながら過ごしてきました。子供だからとかそういう考えを一切捨てて人間関係や上下関係をきづいていきました。

しかし今では実家にいるのですが親は相変わらず。さらには図々しくなっていました。
こんなことなら帰ってこなきゃよかったと思いました。私の理想の家庭ではありません。旦那と早く息子を連れて家から出たいです。
[PR]
by powerstory | 2012-07-17 01:42