パワーの物語は、力強いストーリーをブログでお届けします


by powerstory

仕事を選ぶ

久しぶりによく寝た。休むことって大事。最近ずっと経営の話ばかりで疲れてた。なにかやるときは話さずやるタイプかも。

久しぶりに友人と話をしていて、経歴とかって、コミュニケーションの1つだと思うけど表面上は、いろいろ違うことをしていても、本質的には理由が一緒なのに、すぐに、履歴書だけで、判断されて、日本ていろいろやりずらいよねって、話をしてた。

人ってやるときはなにか理由や価値観があって、動くし、自分で自分の本質を、つかんで、理解しておけば、そういう就職や、転職、人付き合い、もしかしたら、恋愛にも強いのかも。

自分を知って活かそうと思ったらやっぱり結果同じ仕事ばかりじゃ知れないことがあって。私はアメリカや、外国のスタイル。あのバンバン転職する、スタイルは好き。ただ日本と違い、実力主義や、結果主義だと、働きはじめてからも、気を抜けないから、ストレス多そうだし、結果を出すまでにいる、大事な過程や人を、大事にしないと、本当にいい結果は出せない気がする。

経歴や履歴書だけで話すとそういえば、昔自分が、ブライダルブーケを作る仕事がしたいから、紹介してほしいと、先生を尋ねたらちょうど、卒業数年後、店長や、違う仕事を経験し、自分でサルサイベントの企画をやったり、自分で仕事を管理していた時期で。

履歴書見せたら遠山さんには、一貫性あってやってることかもしれないけど、企業からしたら、イメージが違うっていってたから、すぐに、作らせろっていってもダメといわれ。
そりゃそうだと思った。それともコミュニケーションギャップなのだろうか。反面いらっとした。ここでお金を払ったのに、実際稼げるように育てないと意味がないじゃないと思った。

別にこっちは、この先生だから、この学校だからで、選んでる、訳じゃなくて。デザイナーや、アーティストとして、学びお金を、頂けるものを創れるようになりたくて来てるんだから。この先生は、美大にいって、花屋の店長をずっとしていて、途中から、入ってきた人だったから、感性はあるけど、空間アーティストとか、プロのフローリストとかは、無縁な感じだった。

美術系じゃ食べれなくて花屋になるひとけっこういる。別にいいんだけど、あたしは、そういう人と一緒に働きたいとは思わない。

本物の、プロのフラーリストや、デザイナー、フラワーアーティストと交流がしたいから。多分捉え方や、在り方。

あとは、いろいろ経歴があると、学校からのイメージが、悪くなったりするからってわかった。

素材選びに夢中で、全然見てなかった。まぁ花について知れたし、一通り創れる基礎だと思おう。
[PR]
by powerstory | 2012-09-29 19:52